家などの不動産が競売にかけられて落札が行われるまでの流れ

苦しくなる前に

日常生活で、不要なものが出てきます。
それはゴミとして捨てる場合や、リサイクルとして売りに出す場合などがあります。
使えるものは、売りに出したほうがお金にもなるので、リサイクルをした方がお得です。
自分が住む家も、新築で建てたけれどローンの支払が厳しく、個人の意志関係なく売らなければならない時があります。
それが「競売」です。
競売は、家のローンなどの返済が難しくなったとき、借り入れの担保になっている土地・建物など不動産を強制売却することを指します。
競売の流れとしては、まず債権者が直接裁判所に訴えて、申し立てて行われます。
裁判所では、ものを買うオークションと同じように、最低売却価格を定めます。
最低売却価格から始まって、一番高い金額を提示した人に、その不動産の所有権を与えます。
これが競売の主な流れです。

家などの競売物件は、裁判所から委託された不動産鑑定士が、一度調査を行います。
そこで調査をした上で、最低売却価格が設定されます。
競売ということで、一般市場の価格よりも低く設定がされます。
通常は市場の8割ほどで落札が行われています。
競売価格は、落札まではいくらで売却されるのかが分かりません。
また、落札後の流れとしては、落札されてから退去まで6ヶ月ほどしか猶予がありません。
競売にかけられた場合は、これからどういった流れで入札・落札されて、どういった支払いをしていかなければならないのかを把握しましよう。

競売で住んでいた自宅がなくなるのは、とてもつらいことです。
さらに追い打ちを掛けるように、仮に低い価格で落札された場合などには、残った債務を背負わないといけない時があります。
自己破産という手続きもありますが、通常支払い義務は残ります。
ですが、競売という方法を避ける事も出来ます。
任意売却といって、債務者と債権者双方が話し合い、納得した額で売却成立を目指すものです。
不動産を任意売却という方法をとらず、競売の流れをそのまま行うと、住宅ローンが残ってしまう場合がほとんどです。
競売にかけて苦しい思いをしている人は、再生を助ける機関に問い合わせ、相談してみましょう。
そのまま流されることなく、流れに逆らって、任意売却などの方法をとって、精神的に楽な道を選びましょう。

競売について

ローンが払えなくなった場合に多い、「競売」。これににかけられるまでの流れの中で、拒否をすることは不可能です。不動産を手放す必要があります。その時にどういったことが起きるのかなど、競売の流れについて簡単に紹介します。

主な流れ

ローンを滞納するなどの状況の中で督促状が届き、それでも支払いが滞った場合、競売にかけられます。競売になる前に防ぐことも出来るはずです。競売になる前の流れ、競売が始まった後の流れについて紹介します。

相談をする

競売の流れは、督促状が来て、競売され、落札という形です。ですがその流れでは、残ったローンも支払いが続く場合があります。そうならないためにも、早めに再生機関などに相談をしましょう。競売を避ける事が出来る他の方法があります。