家などの不動産が競売にかけられて落札が行われるまでの流れ

相談をする

不動産投資は安定したインカム収入を得られる投資として近年注目を集めている資産運用手法の一つです。
購入した物件を第三者に賃貸し、入居者から家賃収入を得るというものですが、毎月決まった額の家賃が入ってくるという安定性が人気の背景となっています。
安定したインカム収入が得られるという点では債券投資と類似していますが、気をつけなければならないのは不動産には価格変動リスクがあるという点と、投資に際して必要となる資金が高額であるという点です。
そのため、ノンリコースローンの活用や、空室リスクの適切な管理方法等の正しい知識を身につけておかないと、投資がうまくいかない可能性があるので事前に十分勉強しておく必要があります。

不動産投資向けのノンリコースローンが開発されたのは1960年代ですが、当時は一部の機関投資を除けば利用する人は殆どいませんでした。
しかし、不動産投資が個人投資家の間でも活発に行われるようになった2000年代以降、ノンリコースローンは大きな注目を集める事となりました。
ノンリコースローンは担保に差し入れられる不動産の価値に応じて融資を行ってくれるので、個人の信用力では到底借り入れる事が出来ないような高額の資金調達ができる手段として重宝されるようになったのです。
日本の投資用不動産価格は上昇基調にあり、個人で購入資金を全額賄える人はそれほど多くないと考えられる事から、今後もノンリコースローンの需要は増加すると予想されています。